こんばんは~、Tomyです。

弥生賞の本予想をしていきます。
今日の中山は4つの芝レースを見た印象ですが
時計の速さは平均かやや速めくらいで、
前目につけた馬がそのまま上位に来るパターンが多かった
気はします。ただ、逃げ馬が残るというよりは
好位からスムーズな競馬をした馬が勝っていたかな。
雨が降る可能性はありますが、雨量は多くない予報。
昼過ぎから、0ミリ・1ミリという感じですから
昨年のような不良に近い馬場にはならないでしょう。
ほとんど「良馬場」だと思います。
したがって、馬場が渋ることを考えすぎる必要は無さそう。
出来るだけ外は回さないほうが良い馬場には見えますが。


◎オーロアドーネ
○サトノフラッグ
▲ワーケア
☆オーソリティ
△ブラックホール
人気ブログランキングへ

【買い目・配分想定】
 馬連 ◎ー○▲ ×4
    ◎ー☆ ×2
    ◎ー△注 ×1
 馬単 ○→☆ ×7
    ○→△ ×4
    ○→注 ×2
 ※レース発走30分前までは変更の可能性あり


◎オーロアドーネ
思ったよりは人気になっていますが、このくらいの
オッズの付け方であれば、ここを中心に行こうかなと。
まだキャリア1戦ですし、気性が幼いのは当然ですが
新馬戦もレースで折り合いを欠くようなところは無く
スタートもまずまず出ていましたし、
今回も好位にはつけられそうな枠の並び具合。
弥生賞で穴を空けやすいのは「距離延長の格下馬」。
でもありますし、昨年のメンバーでシュヴァルツリーゼが
通用したなら、この馬だって通用してもおかしく無い。
昨年は重賞連対経験馬は「4頭」いましたけども
今年はブラックホールのみしか居ませんからね。
エピファネイア産駒は中山芝2000mは相性が良いですし
前走騎乗したマーフィー騎手も「距離は伸びても大丈夫」
という言葉を信じて懸けてみる価値はあるのかなと。
「家族3人で経営する小さな牧場出身」という
いかにも応援したくなるような境遇の馬ですねぇ。
三浦騎手も復帰初週に重賞に騎乗出来ることを意気に
感じているようですし、ここは一発お願いしたいです。
頑張れ!オレっち!(幼少期のあだ名)

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」
昨年も穴の関西馬激走で三連複的中!!
今年も勝負&穴の関西馬で波乱決着もある!?
弥生賞】勝負買目を無料公開!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○サトノフラッグ
いかんせん、今年のメンバーを考えると
前走ホープフルSで完敗した馬たちが人気の中心なので
こうした別路線で連勝してきた馬が人気になりがちですね。
ただ、この馬に関してはポテンシャルはかなりありそうな
ことは追い切りを見ても何となく分かります。
少なくとも、昨年豊さんが騎乗したサトノラディウスより
出世してきそうです。新馬戦の6着は道悪が駄目だったから
とは個人的には思っていないので(過去の記事参照)、
少々渋る程度ならこなすと思います。
ディープインパクト記念になって始めての弥生賞で
唯一のディープインパクト産駒に乗るのが豊さん。
これ、里見オーナーと国枝さん、絶対狙ったでしょ(笑)
連勝中で勢いのある今であれば重賞でも問題無い。
この馬を頭に置いた馬単も少し買おうと思います。

▲ワーケア
「サトノフラッグもワーケアも東京向き」というのは
言わんとすることは分かりますし、私もそう思います。
しかしながら、それを加味してもこのメンバーなら
消すまでには至りませんでした(^_^;)
中山はこなせないコースではないと思いますけど
問題があるとすれば、前走より仕上がりが甘そうだな
ということと、終いの反応がややズブいので
さすがに最後方から行くことは無いとは思いますが
それにしても、エンジンが掛かりきるのがゴール後に
なってしまう可能性も考えられます。
勝ちそうだけど、勝ちきれなそうなタイプかな。

☆オーソリティ
前走に比べて状態面は上がってきたと思いますし
先行好位につけられれば勝ち負けのチャンスは十分。
しかし、ちょっと不安なのがまたしても外枠という点と
完全にテン乗りのヒューイットソン騎手。
初来日で、今日の騎乗ぶりを少々拝見しましたが
まだアジャストしきれている感じはないのかなと。
今日大活躍しているようなら、もう少し印を上げた
かもしれませんが、ここは様子見で4番手。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
「トレセン」「馬主」「馬産地」に広がる
情報ネットワーク。
超一流のプロフェッショナルが集う
≪ 競馬セブン ≫
【弥生賞】
▼【3点勝負買目】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

△ブラックホール
こちらも、前走より追い切り時の反応の良さは
出てきましたが、不安点は今回は後ろから行くであろう点。
捲るとしても、それはそれでロスを被りますし
前が苦しくなって潰れるような展開にならないと
頭まではどうかなと思います。届かなそう。
確かに追い切りでは突き抜けているように見えますけど
相手の動きが悪かっただけで、時計が速かったわけでも
なければ、併せ馬って「ブッ千切れば良いわけではない」
のでそこは過大には評価していません。

人気ブログランキングへ
前に行ける馬が有利の馬場であるならばと
ギリギリ印を回したのがこの馬ですね。
父の産駒はここ1年間の中山芝2000mに於いて連対率、
複勝率ともにトップという好相性を誇ります。
(2位がエピファネイア産駒、3位がディープインパクト産駒)
そういう意味では、コースが中山になるのは良いでしょう。
馬場はなるべく良馬場であったほうが力は出せるかな。
ただ、乗り手が「3番手以下」に控えた瞬間に
この馬は来ないと思ったほうが良いでしょうね。
そういう騎手が乗るので。

若干迷ったのですが、パンサラッサは無印に。
前走も少頭数でしたけど内容は物足りなかったですし
デビューからコンスタントに使われ続けていて
特別、成績が良くなっていることも無いので
前走以上に更なる上積みがそこまであるとも思えず。
根本的に終いのトップスピード不足なので、
ドボドボの不良馬場ならまだしも、このくらいの天気では
ちょっと買いづらいのかなと思いました。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ ベストレコード ≫
メインだけならず平場やWIN5も含め
厳選無料情報を公開中!
毎日更新の無料コンテンツもアリ!
まずはご体感ください!!!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ