こんにちは~、Tomyです。

先週の重賞ですが、まずチューリップ賞については
◎マルターズディオサが勝利。
ゲートに不安はありましたが、この日は五分のスタート。
ペースは望外にスローにはなりましたが、外からスムーズに
ポジションを上げる持ち前の自在性を活かせましたね。
折り合いを欠くこともないですし、安定感ある走りは
本番でも注目です。
クラヴァシュドールもなんとか2着を確保したことで
とりあえずは、オークスまで出走出来そうですね。
今回はある程度勝負仕上げだったとは思いますので
問題はそこまでお釣りを残せていけるかでしょう。
2歳女王レシステンシアは、前走とは打って変わって
スロー逃げのかたちで、直線は基礎スピードだけで
どこまで粘れるかを試したような印象。
この結果を踏まえて鞍上がどう考えるかですね。
人気どころではスマイルカナ、ウーマンズハートは
軽視していましたが、特にスマイルカナが控えたのは…
意外というか、正直意図が分からないかなぁ。
ウーマンズハートはもっとゆったりと流れる中距離あたりが
いいかもしれませんね。

弥生賞のほうは、サトノフラッグが勝利。
想ったより雨が降ってしまいましたが、道悪不安説を
払拭するような走り。こちらは本番でも楽しみですね。
◎オーロアドーネは、残念ながら5着に終わりましたけど
前に馬を置かずとも折り合っていましたし、調教で見せた
ような幼さも特にここでは感じさせない内容でした。
今回に関しては、先に仕掛けざるを得なかった分最後は
辛くなってしまいましたが、キャリア2戦目としては
良いレースをしたと思いますし、見せ場も十分でした。
先々が楽しみなことに変わりはありません。
2着ワーケアはあくまでダービーに主眼を置いているよう
なので、皐月賞での扱いは悩みどころ。
ただ、状態面はイマイチにも見えましたので上積みは
ありそうですから、そのあたりも踏まえてという感じか。
4着のブラックホールあたりは、良馬場になった時に
トップスピードがどうかな?という印象は残りました。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫
世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!今週も必見!
 【フィリーズR最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今週も4重賞が開催されますが
ブログでの予想は、ファルコンSとフィリーズRに絞って
いきたいと思います。

それでは、ファルコンSのデータ分析をしていきます。
1200mで開催されていた時期も含めても
過去10年で1人気は「1回」しか馬券に絡んでいないなど
若干波乱傾向のあるレースです。難しそうですね~。

データは、中京芝1400mに行われるようになってからの
過去8年分となります。


【性別】
 牡・セ (8-8-7-95) 連対率13.6% 複勝率19.5%
 牝馬  (0-0-1-18) 連対率0.0% 複勝率5.3%

牝馬は頭数やや少なめで不振傾向。
ただ、昨年初めて3着に絡んでいるので今後風向きが
変わってくる可能性もありそう。


【所属】
 美浦 (3-1-1-40) 連対率8.9% 複勝率11.1%
 栗東 (5-7-7-72) 連対率13.2% 複勝率20.9%

関西馬優勢ですが、関東馬も3勝していますので
全くダメというわけでもありません。


【枠番】
 1枠 (2-0-1-12) 連対率13.3% 複勝率20.0%
 2枠 (0-1-1-14) 連対率6.3% 複勝率12.5%
 3枠 (1-1-2-12) 連対率12.5% 複勝率25.0%
 4枠 (0-3-2-11) 連対率18.8% 複勝率31.3%
 5枠 (2-1-1-12) 連対率18.8% 複勝率25.0%
 6枠 (0-0-0-16) 連対率0.0% 複勝率0.0%
 7枠 (2-2-0-17) 連対率19.0% 複勝率19.0%
 8枠 (1-0-1-19) 連対率4.8% 複勝率9.5%

全体的には真ん中から内目が優勢になっていますが
昨年のように、外枠ワンツーという年もあります。
6枠だけが何故か死に枠になっていますが、これについては
たまたまな感もありますね。


【脚質・上がり】
 逃げ (0-0-0-8)  連対率0.0% 複勝率0.0%
 先行 (2-3-4-21) 連対率16.7% 複勝率30.0%
 差し (3-4-3-49) 連対率11.9% 複勝率16.9%
 追込 (3-1-1-35) 連対率10.0% 複勝率12.5%

 1位  (6-1-2-4) 連対率53.8% 複勝率69.2%
 2位  (0-1-0-3) 連対率25.0% 複勝率25.0%
 3位  (0-2-1-6) 連対率22.2% 複勝率33.3%
4~5位 (1-1-2-12) 連対率12.5% 複勝率25.0%
 6位~ (1-3-3-88) 連対率4.2% 複勝率7.4%

やや前傾ラップになりやすく、差し追込も決まりやすい。
上がり1位の馬が複数出ている年もありますから、
コーナーワークより、直線スピードが要求されてきそう。


【キャリア】
 3戦以下 (1-1-0-13) 連対率13.3% 複勝率13.3%
 4戦   (2-1-1-18) 連対率13.6% 複勝率18.2%
 5戦   (1-2-2-20) 連対率12.0% 複勝率20.0%
 6戦   (2-1-2-25) 連対率10.0% 複勝率16.7%
 7戦   (2-2-1-21) 連対率15.4% 複勝率19.2%
 8戦以上 (0-1-2-16) 連対率5.3% 複勝率15.8%

極端な傾向ではありませんが、キャリア8戦以上の馬は
勝ち馬が出ていませんので割引は必要かな。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」
過去5年の三連単は80,510円の波乱傾向!!
今年も勝負&穴の関西馬で波乱決着もある!?
フィリーズR】勝負買目を無料公開!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【前走クラス】
 新馬未勝利 (0-0-0-7) 連対率0.0% 複勝率0.0%
 1勝    (2-3-2-41) 連対率10.4% 複勝率14.6%
 OP特別   (2-0-0-31) 連対率6.1% 複勝率6.1%
 GⅢ    (4-2-2-14) 連対率27.3% 複勝率36.4%
 G Ⅱ    (0-0-0-1)  連対率0.0% 複勝率0.0%
 G Ⅰ     (0-3-3-9) 連対率20.0% 複勝率40.0%
 地方    (0-0-1-3) 連対率0.0% 複勝率25.0%

前走重賞を使っている馬が中心。次いで前走1勝クラス。
その間のOP特別組は、2勝していますが出走頭数の割には
微妙な成績です。


【前走レース】
 朝日杯FS  (0-3-2-9) 連対率21.4% 複勝率35.7%
 シンザン記念 (2-1-0-3) 連対率50.0% 複勝率50.0%
 アーリントンC  (2-0-2-10) 連対率14.3% 複勝率28.6%
 クロッカスS  (2-0-0-18) 連対率10.0% 複勝率10.0%
 1勝平場  (2-3-1-21) 連対率18.5% 複勝率22.2%
 1勝特別  (0-0-1-20) 連対率0.0% 複勝率4.8%

前走GⅢ組は、シンザン記念やアーリントンC組が中心。
ただ、今年はこうした馬はいません。
特にアーリントンCは開催時期が変わっていますので
重賞経由のローテーションは今後変化してくるでしょう。
下級条件からの馬は、特別戦より平場経由のほうが良い。


【前走距離】
 1200m  (0-0-1-34) 連対率0.0% 複勝率2.9%
 1400m  (4-3-1-40) 連対率14.6% 複勝率16.7%
 1600m  (4-4-6-37) 連対率15.7% 複勝率27.5%
 1700m~ (0-1-0-2) 連対率33.3% 複勝率33.3%

前走からの距離延長はかなり分が悪いですね。
ちなみに、前走からの距離短縮で馬券に絡んでいるのは
全て「前走OPクラス」ですので注意。


【前走人気】
◆OPクラス
 1~2人気 (0-0-0-13) 連対率0.0% 複勝率0.0%
 3~5人気 (4-0-1-22) 連対率14.3% 複勝率17.9%
 6~9人気 (2-3-3-15) 連対率21.7% 複勝率34.8%
 10人気~ (0-2-2-13) 連対率11.8% 複勝率23.5%
◆下級クラス
 1~2人気 (2-2-1-13) 連対率22.2% 複勝率27.8%
 3~5人気 (0-1-1-17) 連対率5.3% 複勝率10.5%
 6人気~   (0-0-0-18) 連対率0.0% 複勝率0.0%

下級クラス経由の馬は「人気になっていた馬」が中心。
しかし、逆に「OPクラスで人気になっていた馬」は不振。
このあたりも、波乱傾向の要因のひとつか。


【前走着順】
◆OPクラス
 1着  (1-0-0-7) 連対率12.5% 複勝率12.5%
 2着  (1-0-0-5) 連対率16.7% 複勝率16.7%
 3着  (0-1-0-5) 連対率16.7% 複勝率16.7%
 4着  (0-0-0-8) 連対率0.0% 複勝率0.0%
 5着  (1-1-1-10) 連対率15.4% 複勝率23.1%
6~9着  (2-1-3-10) 連対率15.8% 複勝率31.6%
10着~  (1-2-2-14) 連対率15.8% 複勝率26.3%

前走OPクラスの馬で上位着順だからといって過信は禁物。
むしろ、掲示板を外している馬の期待値のほうが高い。
舞台も中京芝1400mという特殊な条件だけに、主場とは
勝手が違ってきそうです。


【前走場所】
 東京 (4-2-0-31) 連対率16.2% 複勝率16.2%
 中山 (0-1-2-21) 連対率4.2% 複勝率12.5%
 京都 (2-1-0-10) 連対率23.1% 複勝率23.1%
 阪神 (2-4-5-30) 連対率14.6% 複勝率26.8%
 小倉 (0-0-0-13) 連対率0.0% 複勝率0.0%
 中京 (0-0-0-5)  連対率0.0% 複勝率0.0%


前走場所としては、同じ左回りの「東京」のレースを
使っていた馬が最多の4勝のほか、京都や阪神など
関西圏のレースを使ってきた馬も複勝率では好成績です。
前走ローカルの馬は分が悪く、基本的には主場。
ただし「前走中山」の馬は勝っておらず2着も1頭のみ。


★データから見る注目馬
・前走1勝クラス
・前走5人気以内
・前走○○○○(人気ブログランキング[A]へ)

上記3つのデータを満たす馬(過去8年)
 (2-3-1-6) 連対率41.7% 複勝率50.0%
 単回収値 109、複回収値 168


今年該当する 1頭 は?
 ⇒人気ブログランキングへ

基本的には、前走重賞を使ってきた馬が中心ですが
下級クラス(出走55頭)で馬券に絡みやすい条件を
絞り込んでみました。
逆に言えばこの3つのうち1つでも満たせない
「前走下級クラス組」は(0-0-1-42)
と大苦戦しています。
特に重要なのは前走○○○○であることでしょうか。
ファルコンSは、1200mでも1600mといった根幹距離
ではなく非根幹距離の1400mという特殊な条件。
上級条件の1600m組に対抗するには、必要になってくる
「経験値」と言えるのかもしれません。
今回取り上げる馬については、勝ち上がりに若干手間取る
ところはありましたが、大きく崩れることなくきていて
前走初めて1400mを経験し、且つ差す競馬にシフト。
今年のファルコンSは前に行く馬も多そうですから
こうした競馬を出来るようなら浮上してくるか。
今回は乗り替わりですしこれまで騎乗してきた騎手と
比べると見劣る印象かもしれませんが、先週のこの人は
土日ともに中京で騎乗し、芝・ダートともに人気薄を
何回も好走
させていました。
調子の良い今なら期待してもいいかなと。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
「トレセン」「馬主」「馬産地」に広がる
情報ネットワーク。
超一流のプロフェッショナルが集う
≪ 競馬セブン ≫
【フィリーズR】
▼【3点勝負買目】を無料公開▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ