こんにちは~、Tomyです。

 秋華賞は……堅かったですね~(笑)
結果的にはオークスの上位3頭がそのまま好走した格好。
ただ、こういう年は過去にはほとんど無かったと思います。
それだけ今年の実績馬は順調に来ていた、と言えます。
オークスと秋華賞の上位勢が変わらなかったわけですし、
秋華賞も3着と4着にハッキリとした着差がありました。
この世代では上位3頭が抜けた実力かなと思います。
 1番うまくいったのは、やはりスタニングローズ
スムーズなレースが出来ていましたし、結局アートハウスが
前に行ってくれたおかけで、仕掛けをワンテンポ待てた

目標にされる側にならずに済んだ。これは坂井騎手も
よく乗ったと思います。
 2着ナミュールは安全策で外を回したのですが、
4コーナー出口で加速させた際に、大きく外へ膨らんで
しまうロスは正直痛かった
ですねぇ。
4コーナーから仕掛けるレースはこれが初めてということで
コーナー角が急な阪神内回りも相まって膨らみましたが
これが良い経験にはなったでしょうし、次回もし小回りを
走る際に"膨らむ"ことを意識して乗れば改善は可能かなと
思います。もう一段階成長は出来そうです。
 3着スターズオンアースは何と言っても出負けが痛い
周りがスタートを決めて早々に塞がれてしまいましたから
あの位置になったのは誤算でしょうね。
ただ、最後に脚は使えましたし馬群を捌くのはうまい。
三冠達成には至りませんでしたが、こちらも強い1頭です。
 5着アートハウスは……確かにオークスより良いレースは
していたと思いますが、折り合いを欠く場面もありました。
得意の後傾ラップ、得意の阪神内回りコースで完敗ですから
結果的にはオークス上位陣との差は縮まってなかったか。
これからに期待しましょう。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
“大魔神”の愛称でお馴染み!
 ≪GI馬主・佐々木主浩≫

世界を獲った男は目線が違う!
京都大賞典◎ボッケリーニで馬連的中🎯!
実績が違う!今週も必見!!
 【菊花賞最終結論

 ▼こちらで無料公開!▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 さて、激堅決着になった秋華賞も終わりましたので
今週は菊花賞
牝馬路線とは違って、皐月賞・ダービーの好走馬がほとんど
出てこず、春の実績馬といえばアスクビクターモアのみ。
勢力図がハッキリしていない部分も多く、秋華賞よりは
馬券的に面白い……かもしれません。
でも……堅い……可能性もあるでしょう(笑)

 それでは、過去10年の傾向を見ていきますが、
【枠番】【脚質】データについては、京都開催時を含めた
ものを参考として載せておきます。
 阪神大賞典の傾向を引っ張ってこようとも思ったのですが
あちらは頭数が少ないこともあって、正直あんまり当てに
ならないかなと思ったので、敢えて京都の傾向をそのまま
という形にさせてもらいます。


【所属】
 美浦 (2-1-2-48)  連対率5.7% 複勝率9.4%
 栗東 (8-9-8-102) 連対率13.4% 複勝率19.7%

 昨年は関東馬のワンツーでしたが、基本的には関西馬が
優勢のレースです。


【枠番】
 1枠 (2-0-0-18) 連対率10.0% 複勝率10.0%
 2枠 (5-2-0-13) 連対率35.0% 複勝率35.0%

 3枠 (1-0-0-19) 連対率5.0% 複勝率5.0%
 4枠 (0-0-1-19) 連対率0.0% 複勝率5.0%
 5枠 (0-2-3-15) 連対率10.0% 複勝率25.0%
 6枠 (1-2-1-16) 連対率15.0% 複勝率20.0%
 7枠 (1-2-4-23) 連対率10.0% 複勝率23.3%
 8枠 (0-2-1-27) 連対率6.7% 複勝率10.0%
【脚質】
 逃げ (1-0-1-10) 連対率8.3% 複勝率16.7%
 先行 (3-5-3-29) 連対率20.0% 複勝率27.5%
 差し (5-5-5-63) 連対率12.8% 複勝率19.2%
 追込 (0-0-1-47) 連対率0.0% 複勝率2.1%
 捲り (1-0-0-1)   連対率50.0% 複勝率50.0%

 1~2枠が7勝をマークしており、内枠有利な傾向。
これは舞台が阪神でも京都でも恐らく大きく変わらないと
思います。
また、極端な追込は決まらないという点に関しても
阪神開催と京都開催で大きく変わらないでしょうね。
阪神3000㍍のほうがタフなイメージは持ちますが
坂を登る回数は京都も阪神も2回、高低差はむしろ京都の
ほうがあるくらいですから、アップダウンに関しては
それほど問題ではない
と思うんですよねぇ。
 ただ、最後の直線が短いため、コーナーでの機動力、
あるいは器用さが求められる
意味でタフかなという印象。


【キャリア】
 ~5戦  (2-1-0-15) 連対率16.7% 複勝率16.7%
  6戦  (4-2-0-18) 連対率25.0% 複勝率25.0%
  7戦  (3-1-5-28) 連対率10.8% 複勝率24.3%
  8戦  (1-4-4-26) 連対率25.6% 複勝率25.7%

  9戦  (0-1-0-31) 連対率3.1% 複勝率3.1%
 10戦~ (0-1-1-32) 連対率2.9% 複勝率5.9%


 キャリア6~8戦の馬が中心で、9戦以上は成績が悪い

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
 『菊花賞』
とっておきの穴情報馬を入手済み!!
馬券候補5頭】を無料公開

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【前走クラス・レース】
 神戸新聞杯 (7-4-4-50) 連対率16.9% 複勝率23.1%
 セントライ (2-4-1-46) 連対率11.3% 複勝率13.2%
 その他重賞 (1-1-0-10) 連対率16.7% 複勝率16.7%
 下級条件  (0-1-5-42) 連対率2.1% 複勝率12.5%

 昨年はセントライト記念組が揃ってワンツーでしたが、
神戸新聞杯が道悪で行われたことも影響したかなと。
実力が出にくいコンディションであったのもそうですが
勝ち馬だったステラヴェローチェは明らかに追い切りで
動けておらず、調子を落としていましたしね……。
阪神開催だからといって、神戸新聞杯組がダメということは
ないと思っています。
 下級条件組は、連対馬こそ1頭しか出ていませんが、
3着には5頭が食い込むなど、案外侮れません。
 また、トライアル以外の重賞組では札幌記念3着からの
レインボーライン、ラジオN賞2着からのフィエールマンが
好走。どちらも後の天皇賞(春)を制覇しましたね。


【前走重賞組】
■前走人気
 1人気  (6-1-1-7)   連対率46.7% 複勝率53.3%
 2人気  (1-1-2-13) 連対率11.8% 複勝率23.5%
 3人気  (1-1-1-10) 連対率15.4% 複勝率23.1%
 4人気  (0-2-0-14) 連対率12.5% 複勝率12.5%
 5人気  (0-1-0-11) 連対率8.3% 複勝率8.3%
6~9人気 (2-2-1-33) 連対率10.5% 複勝率13.2%
10人気~ (0-1-0-18) 連対率5.3% 複勝率5.3%
■前走着順
 1着  (5-0-1-11) 連対率29.4% 複勝率35.3%
 2着  (2-5-2-9)   連対率38.9% 複勝率50.0%
 3着  (2-3-0-15) 連対率25.0% 複勝率25.0%
 4着  (0-0-1-10) 連対率0.0% 複勝率9.1%
 5着  (0-0-1-13) 連対率0.0% 複勝率7.1%
 6着~ (1-1-0-48) 連対率2.0% 複勝率2.0%


 前走1人気はある程度期待は持てそうです。
ただ、それ以外は大きな差はありませんので横一線。
 前走4着以下の馬は(1-1-2-71)となっていますから、
昨年はタイトルホルダーが勝ったとはいえ、凡走した馬の
巻き返しはそれほど多くはありません。

■前走重賞組好走データ該当馬
 アスクビクターモア 前走1人気、2着
 ガイアフォース   前走1着
 ジャスティンパレス 前走1着
 ヤマニンゼスト   前走2着
 ボルドグフーシュ  前走3着
 フェーングロッテン 前走3着


【前走条件戦組】
■前走人気
 1~2人気 (0-1-5-27) 連対率3.0% 複勝率18.2%
 3人気以下 (0-0-0-16) 連対率0.0% 複勝率0.0%
■前走距離
 1800㍍  (0-0-0-8)   連対率0.0% 複勝率0.0%
 2000㍍  (0-0-0-14) 連対率0.0% 複勝率0.0%

 2200㍍  (0-1-3-3)   連対率14.3% 複勝率57.1%
 2400㍍  (0-0-1-7)   連対率0.0% 複勝率12.5%

 2500㍍  (0-0-0-6)   連対率0.0% 複勝率0.0%
 2600㍍  (0-0-1-5)   連対率0.0% 複勝率26.7%
■前走初角位置
 4番手以内 (0-1-5-15) 連対率4.8% 複勝率28.6%
 5番手以下 (0-0-0-28) 連対率0.0% 複勝率0.0%

 まず、前走3人気以下はかなり厳しいです。
前評判の高い馬でないと世代限定とはいえG1では
勝ち負けするのは難しいでしょうね。
 次に、前走2000㍍以下の馬は成績が悪く2200㍍以上
特に2200㍍の条件戦を勝ってきた馬は成績が良い
です。
2000㍍以下の下級条件では、スタミナの要求値は低く、
大幅な距離延長で迎えるには不利な臨戦過程と言えます。
 また、前走初角4番手以内が好成績で、積極的な先行策を
取れて尚且つ長めの距離を経験していた馬が良いですね。
条件戦で差し競馬をしていた馬は買いづらい傾向。

 ・前走2200㍍以上
 ・前走2人気以内
 ・初角4番手以内

★上記すべて該当で (0-1-5-4)
 該当馬⇒セレシオン、レッドバリエンテ(抽選対象)

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」
現代競馬は西高東低
万馬券も狙える!!!
トライアルも的中🎯
菊花賞】勝負買目を無料公開!
 先着100名様限定!!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【騎手別成績】
 ※関西圏の3000㍍以上の重賞 (騎乗10回以上)
 [カッコ内]は5人気以内騎乗数
 Cルメ (5-2-2-8)   [12] 連対率41.2% 複勝率52.9%
 福永  (5-5-2-14) [14] 連対率38.5% 複勝率46.2%
 武豊  (3-2-4-14) [17] 連対率21.7% 複勝率39.1%
 岩田康 (5-2-1-16) [14] 連対率29.2% 複勝率33.3%

 藤岡佑 (0-2-0-15) [6]   連対率11.8% 複勝率11.8%
 池添  (0-2-0-18) [6]   連対率10.0% 複勝率10.0%
 川田  (0-1-2-20) [11] 連対率4.3% 複勝率13.0%
 松山  (0-0-1-10) [2]   連対率0.0% 複勝率9.1%
 田辺  (0-0-1-10) [3]   連対率0.0% 複勝率9.1%

 浜中  (0-1-0-17) [4]   連対率5.6% 複勝率5.6%
 幸   (0-0-0-19) [0]   連対率0.0% 複勝率0.0%

 長距離重賞を得意とするのはルメール騎手、福永騎手、
武豊騎手、岩田康騎手
などのベテラン勢。
ただ、今年の有力馬は長距離が得意なジョッキーは
全く乗っておらず、特に川田騎手は人気馬に騎乗している
割に成績が悪い

以前から言っていますが長距離の川田騎手は信頼度【低】
また、松山騎手・田辺騎手といったあたりも、成績は
悪いです。ただこれは人気馬に乗る割合も少ないため、
情状酌量の余地はあるかなと思いますが、いずれにせよ
ジョッキーの観点から見ると今年の菊花賞は怪しい?


★菊花賞の注目馬
 ⇒
人気ブログランキング[注目]へ

 デビュー当初は出遅れ癖もあり、幼さが見え隠れ。
4走前からようやく良い脚を使えるようになってきました。
3走前に大外を回して快勝した成功体験もあったため
2走前でも同じ競馬をしましたが、あまりに外を回しすぎ
ロスが大きく前に届かない結果。このあたりは鞍上の若さも
出てしまったかなというところ。
 馬が良くなってたタイミングで乗り替わりとなった前走は
確かに無欲の立ち回りが嵌まった印象はありますが、
内を器用に捌けており、全力で追い出したのは残り100㍍
あたりであり、それほど負荷の大きいレースではなかったと
思いますので引き続き力を出せる状態はキープ出来そう。
 馬柱はお世辞にもキレイとはいえませんが、夏の上がり馬
と言って良いでしょう。牝馬路線で言うところの
エグランタインやメモリーレゾンみたいな立場。
この2頭は残念ながら秋華賞で掲示板前後に留まりましたが
菊花賞に関しては、春のクラシックで好走した馬は
ほとんど出走してこず、長距離重賞が得意とは言えない
ジョッキーが騎乗する有力馬が多い
ため、この鞍上の力を
借りれば、案外通用するのでは
ないでしょうか。
ただ道悪はあまり良くなさそうなので良馬場が欲しい。


いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ