こんにちは~、Tomyです。

七夕賞
有力馬考察をしていきます。

 今年は似たような脚質のシルバーステート産駒が3頭も
出てきているということで、時代が変わりつつあるなぁと
実感しています😅
個人的には、シルバーステート産駒って特に牡馬の場合は
「トップスピードが足りない」傾向にあるイメージ。
クラシック期まではあまり目立たないし、初年度産駒が
ようやく4歳になったばかりですから、今のところは
評判ほどの活躍をしていないようにも感じるのですが、
古馬になるとどういう傾向が出てくるのか楽しみですね~。

 それでは、上位人気馬6頭の考察です。


◆エヒト
 1~3勝クラスを勝ち上がった際のコースは阪神内回りと
小倉。直線が短めのコースを得意とするタイプですね。
レコード決着だった昨年の七夕賞を楽勝していますが、
当時2000㍍の持ち時計は2分を切っていなかったことを
考えると、斤量が軽い点を考慮しても本格化と判断できる
勝利でしたし、福島コースも合うんだろうと思います。
 年末から年明けにかけては、過去に出走し惨敗に終わった
チャレンジ・AJCCで連続好走。着実に成長を見せており
1年以内に古馬G2で好走しているのは、今年の七夕賞に
出走するメンバーの中でフェーングロッテンとこの馬だけ。
斤量58㌔は数字だけ見ると重く感じますが妥当でしょう。
 前走のレッドシーターフHは単純に距離が長かったです。
直線半ばまで伸びかけましたが止まってしまいました。
鞍上の川田騎手も長距離は向きませんしね……。
帰国後の検疫云々の差はありますが、昨年とほぼ同じ間隔の
休み明け初戦。間隔は十分ですし仕上がり面にも期待。
 ただ、大幅な距離短縮となりますので、ペースに戸惑う
可能性はある
と思います。昨年は労せず追走できましたが
元々はテンが速くなかった馬だけに、序盤のダッシュが
カギになりそう。それを考えると内すぎる枠は微妙かも。


◆カレンルシェルブル
 キャリア計8連対中7回はローカル競馬場という成績。
主場の重賞ではパンチ不足な印象で、前走の新潟大賞典は
チャンスかと思われましたが、不良馬場が合わなかったか
前から大きく離された10着に敗退。度外視は可能か。
 春には同舞台の福島民放杯を勝利。メンバーの半数は
峠を越えた7歳以上の高齢馬ですのでレベルが高いとは
言いがたいレースでしたが、過去10年の七夕賞では
同年の福島民放杯1着馬は(1-1-1-2)とまずまずの好成績。
コース適性がズレていないというだけで買ってみるのも
悪くないと思いますね。
 一方、前走から継続騎乗の馬が6人気以下となった場合
(0-0-2-24)
と連対できておらず、かといって実績と勢いを
考えると、これ以上人気になっても手を出しづらいので
馬券的な扱いは非常に悩ましい1頭になりそうです。
3歳秋に検討したセントライト記念のことを思い起こすと
もうちょっと出世してもおかしくない認識だったんですが
やや頭打ち感は否めないような気もします。
あとは馬体重ですね。少し絞れて出てきてほしいところ。
510㌔を越える大型馬は成績が悪いレースですからねぇ。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社シンクタンク ≫
信頼すべき有力馬と狙い撃つべき穴馬!!
先週のラジオNIKKEI賞もズバリ的中🎯
 『七夕賞・プロキオンS』
とっておきの穴情報馬を入手済み!!
馬券候補5頭】を無料公開

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆セイウンハーデス
 上位人気馬に3頭もシルバーステート産駒が並んでいる
古馬重賞は恐らくこれが初めてでしょう。3頭の中では
実績的に1枚上なのがこの馬。シルバーステート産駒と
いえば、特に牡馬はトップスピードが求められがちな
3歳春のクラシック期まであまり活躍しきれていない印象。
歳を重ねて良くなるタイプがこれから出てきそうですし
上がりが速くないレース向きなのかなぁとも思います。
"良馬場の成績が悪い"と言われるのはこの2点が原因と
考えているんですけどね。どうでしょうか。
 この馬自身は、年明け初戦の3勝クラスを勝ちましたが
当時は内有利なトラックバイアスがあるなか、終始外を
回って押し切る内容。見た目にも強かったと思いますし
前走はカラテに負けたとはいえ、3着馬に8馬身差ですので
不良馬場でも苦にしないし力をつけていると言えます。
ハナに拘る必要も無いタイプだと思いますし、現状の
充実度をもってすれば勝ってもおかしくないでしょう。
 ただ、幸騎手が福島……イメージが全く無いのですが、
重賞で好走したのは13年前、23年前の3着2回だけ…。

騎乗数が非常に多い幸騎手ですが、福島はそもそもほとんど
乗りに来ることが無い。レアといえば聴こえはいいけど…?


◆テーオーソラネル
 デビュー後の2戦は全く結果が出なかったこともあり
3戦目にブリンカーを装着。ここで勝利を挙げたものの
その後は再び勝ちきれなくなり、年明け初戦からまたまた
ブリンカーを外すと、そこから3連勝。結局ブリンカーは
要らなかったということでしょうかね。
3連勝中は斤量も2㌔ずつアップしており、尚且つ
逃げて勝っただけでなく、前走のように差す競馬でも勝利。
脚質に幅が持てている点も含め、一気に充実度が上がって
いる印象。距離を2000㍍に戻したことも良かったかも。
 デビューから毎回乗り替わりの馬で、今回も例に漏れず
乗り替わりですが、三浦騎手における福島の重賞成績は
(0-1-0-16)。阪神・京都も奮いませんが福島もあまり……。
馬には勢いがあるだけに、未知の魅力で人気になるのは
理解できますが鞍上は不安。函館は良いんですけども……。
 また、この馬自身も好走しているのは輸送時間が短い
阪神・中京ばかりで、栗東から距離のある小倉・新潟では
全て掲示板外
に敗れており、長時間の輸送が苦手かも?
初重賞挑戦でどこまでやれるでしょうか。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」
現代競馬は西高東低
万馬券も狙える!!!
プロキオンS】勝負買目を無料公開!
 先着100名様限定!!
  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆バトルボーン
 新馬戦は2着に負けましたが、相手はダノンベルーガ。
そして、後のレース内容を見ても上がりの速いレースは
恐らく不得意だと思うので、その新馬戦以来の騎乗となる
津村騎手に替わる点はそれほど不安視しなくてよさそう。
 間隔を十分に取りながら確実に連勝を重ねてOP入り。
性質の異なる東京・中山の両方で順調に勝っていますので
福島コースもそんなに悪くはないかなぁと思います。
重賞はこれが初めての出走ですが、実質的には底を見せて
いないわけですし馬柱も綺麗。そしてサンデーレーシング。
人気になるのは頷けますね。
 似た脚質の有力馬が多いですが、ここに挙げた馬は
いずれも逃げないとダメなタイプというわけではないですし
ましてやそのうち1頭は同じサンデーレーシングの持ち馬。
やりあうことは無いでしょう。
 戦績的な勢いはある一方、3月の日経賞を回避して
立て直しを図った理由が"鼻出血"
なのは気になりますね。
1度発症すると何度も再発するリスクが小さくない疾患
だと思うので、順調そうに見えてもいざレースをしたら……
という可能性は普通にあるので、軸にするのは怖いかも。


◆フェーングロッテン
 真面目に走らないということでブリンカーを装着した
大寒桜賞以降、菊花賞を除く7戦で好走。安定しています。
スローに持ち込んだ金鯱賞、淀みなく流した鳴尾記念。
ある程度ラップ的な対応力はあり、前走も一旦は馬群に
沈みかけたものの、そこから盛り返したあたり、余力が
ありながら手を抜きがちな部分は残っている印象です。
 しかし、普通の逃げ馬なら恐らく沈んでいたハズですし
ラジオNIKKEI賞では好位のインから差す競馬も出来て
いたわけなので、ハナに拘り続けなくても?
現に最近は行きっぷりがそこまで良くないようなので、
無理に逃げなくても良いんじゃないかなぁとは思いますが
何れにせよブリンカーの効果は薄れ気味な印象ですし
松若騎手の判断が非常に大事になってくるでしょうね。
 もし今回も行く気があるなら少し外目の枠でも良さそう
ですが、控えるならインコースを回れる確率が高くなる
内目の枠が良いかも。外から差すイメージは無いですし。
ただこれらはジョッキー判断ですので、蓋を開けないと
分かりません。間を取って4枠くらいでどうでしょうか。


気になる穴馬
 ⇒
人気ブログランキング[穴]へ

 七夕賞で人気薄を買うのなら「乗り替わり」または
「前走より斤量が減る」どちらかの要素は欲しい
ところ。
個人的には、フライライクバードあたりは去勢明けでも
狙ってみたいのですが、除外対象なうえに最も順位が下。
正直出られる可能性は低いと思うので、こちらを挙げます。
 前走も買ったので結果そのものは残念ではありましたが
久々のレースながら先行できただけてもヨシとします。
休み明け2戦目の今回は上積みに期待して、もう一度。
恐らく極端に後ろから運ぶ羽目にはならないでしょうし
上がりが掛かるレースも問題はないタイプだと思います。
馬体重はこれ以上増えて欲しくないところ。
鞍上の実績不足は否めませんが、どのみち人気は無いので
失敗を恐れずに乗ってもらいたいですね。


いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ