こんにちは~、Tomyです。

 先週の日経新春杯は残念ながらハズレ……。
スタートから意外にも先行争いが激化し、テンの3Fは
1400㍍並みの「33.4」という明らかなオーバーペース。
前傾3.1秒の厳しい流れで、先行馬総崩れになっても
おかしくない展開でしたが、後方からの馬が脚を使える
馬場ではないためか、終わってみれば好位につけた馬も
粘り込めたというレース。ペースの時点で想定外でしたが
1番の誤算はサトノグランツの行きっプリが想像の3倍
くらい良くて、馬場もそこそここなした点ですかねぇ。
本命のブローザホーンは勝ったのですが、オッズの付き方で
悩んだ末に三連複を選択したのが個人的には失敗でした。
馬連にしておくべきでしたね………。

 さて、頭を切り替えて今週はAJCC
取り上げていきたいと思います。

 G1レベルの馬も結構出てくることがあるレースですが
今年はそんなに強い馬が居ませんし、頭数は少なめながら
予想としては難しくもあり面白味もあるメンバーかなと
思いますね~。


それでは過去10年の傾向を見ていきましょう~。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社
     シンクタンク ≫


目先の勝ち負けではなく、中長期のスパンで安定して
競馬を楽しみたいというあなたに。

中山金杯は見事的中🎯

 『AJCC』
とっておきの穴情報馬を入手済み!!
馬券候補5頭】を無料公開

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【馬齢】
 4歳  (2-4-3-16) 連対率24.0% 複勝率36.0%
 5歳  (3-1-3-21) 連対率14.3% 複勝率25.0%
 6歳  (4-2-3-29) 連対率15.8% 複勝率23.7%
 7歳  (1-3-0-17) 連対率19.0% 複勝率19.0%
 8歳~ (0-0-1-32) 連対率0.0% 複勝率3.3%

 7歳までがギリギリで、8歳以上は厳しい成績ですが、
近走は奮わず上位人気に支持された馬は皆無
でした。
今年はボッケリーニ、マイネルウィルトスといった元気な
8歳馬が居ますのでデータを鵜呑みにしていいかは疑問。


【所属】
 美浦 (6-6-8-69) 連対率13.5% 複勝率22.5%
 栗東 (4-4-2-45) 連対率14.5% 複勝率18.2%

 東西でそれほど大きな差は無く拮抗していますので、
特に気にかける必要もないでしょう。


【枠番】
 1枠 (1-1-2-11) 連対率13.3% 複勝率26.7%
 2枠 (1-1-1-12) 連対率13.3% 複勝率20.0%
 3枠 (1-1-0-15) 連対率11.8% 複勝率11.8%
 4枠 (1-1-3-12) 連対率11.8% 複勝率29.4%
 5枠 (2-1-1-14) 連対率16.7% 複勝率22.2%
 6枠 (2-2-1-15) 連対率20.0% 複勝率25.0%
 7枠 (1-2-1-16) 連対率15.0% 複勝率20.0%
 8枠 (1-1-1-20) 連対率8.7% 複勝率13.0%

 全ての枠から勝ち馬が出ているなど、枠順の有利不利は
意外と小さい
レースかなぁと思います。
フルゲート近くになれば話は変わってくるかもしれませんが
今年は登録馬が全部出ても「13頭」と少なめですので
馬自身の得手不得手が無ければ気にしなくても良さそう。


【脚質・上がり】
 逃げ (1-0-1-9)   連対率9.1% 複勝率18.2%
 先行 (7-4-1-24) 連対率30.6% 複勝率33.3%
 差し (2-5-7-47) 連対率11.5% 複勝率23.0%
 追込 (0-0-0-35) 連対率0.0% 複勝率0.0%
 捲り (0-1-1-0)   連対率50.0% 複勝率100%

 1位  (3-4-2-4)   連対率53.8% 複勝率69.2%
 2位  (2-0-2-5)   連対率22.2% 複勝率44.4%
 3位  (1-3-1-7)   連対率33.3% 複勝率41.7%
4~5位 (2-1-2-15) 連対率15.0% 複勝率25.0%
 6位~ (2-2-3-81) 連対率4.5% 複勝率8.0%

 前半はゆったり流れて、後半のロングスパート勝負に
なりやすいレース。先行好位に付けた馬が優勢です。
外回りとはいえ直線の長さは内回りと同じですので、
基本的には追込は決まらない
傾向と言えるでしょう。


【前走クラス】
 3勝   (1-0-1-13) 連対率6.7% 複勝率13.3%
 OP・L (0-1-1-21) 連対率4.3% 複勝率8.7%
 G3   (1-6-4-28) 連対率17.9% 複勝率28.2%
 G2   (2-0-2-22) 連対率7.7% 複勝率15.4%
 G1   (5-3-2-27) 連対率21.6% 複勝率27.0%

 前走G1組が最多の5勝となっていますが、複勝率では
前走G3組が上回っていることから、あまり前走クラスは
気にしなくても良いのかなぁと思います。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー

≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」

勝負の関西馬・人気薄激ヤリ関西馬情報を入手!!

現代競馬は西高東低
万馬券も狙える!!!
日経新春杯も的中🎯

【東海S】勝負買目を無料公開!
 先着100名様限定!!

  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【前走人気】
◆前走OPクラス
 1人気  (2-2-0-4)   連対率50.0% 複勝率50.0%
 2人気  (0-1-2-6)   連対率11.1% 複勝率33.3%
 3人気  (0-1-2-6)   連対率11.1% 複勝率33.3%
 4人気  (2-2-0-8)   連対率33.3% 複勝率33.6%
 5人気  (0-0-0-8)   連対率0.0% 複勝率0.0%
6~9人気 (2-3-2-28) 連対率14.3% 複勝率20.0%
10人気~ (2-1-3-41) 連対率6.4% 複勝率12.8%

◆前走3勝クラス
 1人気  (1-0-0-2)   連対率33.3% 複勝率33.3%
 2人気  (0-0-1-1)   連対率0.0% 複勝率50.0%
 3人気~ (0-0-0-10) 連対率0.0% 複勝率0.0%

 3勝クラスで3人気以下だった馬はちょっと厳しいですが
OPクラスであれば、前走人気薄でも全然好走してきます。


【前走着順】
◆前走OPクラス
 1着  (0-2-0-2)   連対率50.0% 複勝率50.0%
 2着  (2-2-2-10) 連対率25.0% 複勝率37.5%
 3着  (1-1-1-9)   連対率16.7% 複勝率25.0%
 4着  (1-0-1-9)   連対率9.1% 複勝率18.2%
 5着  (1-0-1-8)   連対率10.0% 複勝率20.0%
6~9着 (1-3-1-20) 連対率11.4% 複勝率14.3%
10着~ (3-2-3-33) 連対率12.2% 複勝率19.5%


 前走連対馬はソコソコの成績と見ていいと思いますが、
その一方で、凡走からの巻き返しもかなり目立つレース。
調子が悪くて凡走したのか、舞台が合わずに凡走したのか
見極めが難しいですが、条件が好転しそうな馬は探したい。


【前走距離】
 ~1800㍍  (0-0-1-17) 連対率0.0% 複勝率5.6%
 2000㍍   (4-7-5-42) 連対率19.0% 複勝率27.6%
 2200㍍   (0-0-1-9)   連対率0.0% 複勝率10.0%
 2400㍍   (1-0-2-5)   連対率12.5% 複勝率37.5%
 2500㍍~  (5-3-1-40) 連対率16.3% 複勝率18.4%

 2F以上の距離延長は分が悪い傾向となっています。
距離短縮馬の成績も悪くないですが、その多くはG1を
使っていたケース。前走G2以下で距離短縮は(1-0-1-26)


★AJCCの注目馬
 ⇒
人気ブログランキング[注目]へ

 このクラスでは安定感のあるベテラン・ボッケリーニは
当然中心視すべき1頭ですが、若い世代の中から積極的に
買いたいのはこの馬です。
 ダービー以降は掲示板にも載れていませんが、本質的な
距離適性は2200㍍までが良いところだと思っていますし
種牡馬傾向的には、中山であれば内回りより外回りの成績が
全般的に良いので、この条件に出走するようなら狙いたいと
前々から考えていました
。それが実現する今回は注目。
たまたま主戦が一時離脱中につき乗り替わりになりましたが
これを良い機会に新味に期待したいところ。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー

「トレセン」「馬主」「馬産地」に広がる
情報ネットワーク。
超一流のプロフェッショナルが集う
≪ 競馬セブン ≫

大人のお年玉🎯

【AJCC】
あの人気馬を脅かす隠れ穴馬の正体とは!?

▼【3点勝負買目】を無料公開

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ