こんにちは~、Tomyです。

 今週は土曜日にも2重賞あるわけですが、登録馬を見て
難しいそうだなぁこれは……と。まあファルコンSはいつも
波乱の目があるレースですけど、今年の場合はフラワーCが
まっったくよく分からない(;´д`)
頭数は少なめですが、結構荒れる可能性もありそう。。
現時点での注目馬ですか??
うーん……今のところ、ミアネーロ ですかねえ。
新馬戦で2着3着に負かした相手は勝ち上がっていますし
特に2着のマーシャルポイントは、フリージア賞も勝利。
あと、前走は直線で結構大きな不利を受けていたので
力を出せずに終わった感もあり、この中では面白そう。
他はねぇ……あんまり買いたい馬が居ない😅困ったな。


 さて、それでは阪神大賞典の有力馬考察を
していきましょう~。

今回は上位人気が予想される実績馬5頭を取り上げます。
いつもどおり、気になっている穴馬も1頭ご紹介して
いますので、そちらも併せて参考になればm(_ _)m


◆サヴォーナ
 秋初戦の神戸新聞杯は逃げたファントムシーフの後ろに
付けて、これをうまく利用した印象。超スローペースからの
決め手勝負となり、サトノグランツには差されたものの
この馬自身も『33秒4』。タイプ的にはディープボンドに
似ていますが、こちらのほうが若干速い脚がありますね。
 続く菊花賞は行き脚がつかず後方から。勝負どころで
外から捲り気味に進出する厳しい競馬になったぶんだけ
最後は脚が鈍りましたが掲示板は確保。悪くない結果。
 前走の日経新春杯は速いペースのなか、前目に付けて
いましたから、決して楽な流れではなかったと思いますが
外枠からインに潜り込みロス無く運んでいたこともあり
2着に粘り込む競馬。菊花賞より内容は良かった
です。
 今後の伸び代次第では天皇賞(春)を勝ってもおかしくない
長距離適性を感じます。弱いと言われる現4歳牡馬ですが
低調化しつつある長距離路線なら通用するのでは。
 中間の追い切りらしい時計はCWでの1本しか無いのは
気にならないこともありませんが、元々は坂路主体で
仕上げる馬ですし、あくまで目標は次。お釣り残しの仕上げ
なのでしょうけど動き自体は良かったかなと思います。
 あとは、以前よりいくらかマシになったとはいえ引き続き
スタートは課題でしょう。序盤の位置取りがポイント
に。


◆シルヴァーソニック
 一昨年の秋はアルゼンチン共和国杯で復帰予定でしたが
抽選に漏れて除外。ただ、乗り込みは十分行えましたし
ステイヤーズSの仕上がりには影響は無かった印象です。
その後は年明けのレッドシーターフハンデも連勝。
 帰国初戦となった天皇賞(春)はかなり外目の枠もあって
それまでよりもロスを被る立ち回りとなりましたが、
じっくり我慢して最良の競馬は出来たかなと思いますね。
1周目の直線で我慢できずに上がっていってしまった
ボルドグフーシュとは脚の溜まり具合に差が出ましたし
さすがにレーン騎手の巧さが光っていました。
 今回はレーン騎手こそ乗れませんが、代打は武豊騎手。
現役の日本人騎手で1番長距離が上手いのは間違いなく
この人
です。近年の阪神大賞典は意外と微妙な成績ですが
乗っている馬自体が長距離向きでなかったり、重賞実績が
全く無い完全な格下だったり。鞍上で無駄に過剰人気に
なっていましたが、人気に相応しい馬でもなかった。
2年以上も馬券に絡んでいなかったワンアンドオンリーや、
明らかに重賞で足りないボスジラが『3人気』ですからね。
シルヴァーソニックの長距離実績は、このメンバーなら
上位人気に相当しますし、妥当なところと言えそうです。
 気になるのは仕上がり。中間の乗り込み量は長欠明けに
しては少なく、1週前追い切りは身体つきが太め
でした。
動きそのものは悪くなかったですが、中身の部分がどうか。
今週の最終追い切りは注意して見ておきたいですね。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー

≪ CHECK MATE ≫
「関西馬情報を制するものは、競馬を制す」

勝負の関西馬・人気薄激ヤリ関西馬情報を入手!!

現代競馬は西高東低
万馬券も狙える!!!

【阪神大賞典】勝負買目を無料公開!
 先着100名様限定!!

  ▼   ▼   ▼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ディープボンド
 国内での自身最速上がりは『34秒6』。いくら頑張っても
これが限界
であって、それ以上に速い脚を使う必要がある
展開や位置取りになってはダメなのですが、それを思うと
このところのレースぶりは見方によっては『消極的』。
京都大賞典から有馬記念まで、スタート自体は悪くなく
もう少し行こうと思えば行かせることは出来たハズですが
陣営の意図により、敢えて溜め込む競馬を敢行。
目標にされるレースが続いていましたので、わからなくは
ないですが、正直、6歳の秋に試すことではなかった
ように
思うんですよねぇ。こういう馬と割り切るしかない。
 馬自身の行き脚がつかなくなったわけではないですから
今回は乗り方、乗らせ方ひとつで通用する条件設定です。
中間の追い切りは近走と違って、早くからCWで猛時計を
出しており、仕上がりが甘くなることはないでしょう。
 我々競馬ファンですらこの馬のアイデンティティーは
知っているわけです。初コンビの岩田望騎手もこの馬の
良さは分かっていると思いますので、仕切り直しの一戦と
なるここは、あらためて積極的な競馬を期待したいところ。
ただ、陣営から『溜めろ』と指示があればどうしようも
ないので、鞍上よりも陣営の考え方が気になります
レース前のコメントがあれば注視しておきたいところ。
 層の薄い長距離路線ならまだまだやれる力はあるとは
思っているので、近走の結果が落ち込んでいること自体は
それほど気にしていませんけどねぇ。


◆テーオーロイヤル
 2年前のダイヤモンドSを勝利し、天皇賞(春)は3着。
その後は休みを挟んで2200~2500mの重賞に出走するも
結果は奮わず。中距離は厳しかったですね…。
ジャパンC後は骨折により約1年の長期休養となりました。
 復帰2戦目のステイヤーズSは逃げたアイアンバローズの
ペースメイクにしてやられ、展開で負けたかたちですが
キッチリ2着を確保すると、前走のダイヤモンドSは
トップハンデ『58.5㌔』を背負いながらサリエラに競り勝ち

同レース重賞2勝目。逃げ馬不在の少頭数だったことも
あって道中は全く動きが無く、長距離好きの私ですら
面白くない展開だったのが正直な感想で、勝ったこと自体は
評価できますが、4着以下は距離不適または実力不足。
メンバーレベルが上がる今回は、そう楽にはいかないか。
ステイヤーズSと比べても、上だと思うんですよねぇ。
 一方、3400mで勝ちきった後に、中3週で再び3000mを
使うのは近年ではあまり見かけないタフなローテーション

本番にお釣りが残るかも含めてですが、パフォーマンスを
下げることなく走れるかが1番の課題
でしょう。
ステイヤーズSから天皇賞(春)まででいえば、5ヶ月間で
4回も3000m以上のレースを使う計算
になりますからね。
2007年のトウカイトリックみたいになればいいですけど、
故障明けから一気に使いすぎでは……という心配もある。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ うまスクエア ≫
 ≪編集長の厳選情報≫


・競馬情報を詳しく知りたい!

・レースのポイントや注目馬が知りたい!

そんなあなたに!今週も必見!!

 <【スプリングS】はこの3頭だ!

 ▼こちらで無料公開!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ブローザホーン
 新馬戦こそ東京でしたが、その後は中山・福島・函館など
上がりの速くならない小回りコースを中心に使われており
陣営としても上がりの競馬は向かない認識なのでしょう。
 馬場の良し悪しに左右されないところが1番の持ち味で、
OP入りを決めた烏丸Sは不良馬場のなか5馬身差圧勝、
やや距離が短かった函館記念は道悪が良かった印象ですし
2着に6馬身差をつけた札幌日経OPも馬場は渋っており
道悪をこなすスタミナは非常に高いものがあります。
また、脚質に幅があるため、前走の日経新春杯のように
展開が流れても対応できる点も強みのひとつでしょう。
 中野厩舎解散のため、吉岡厩舎に転厩となりますので
まずは環境への慣れが今回のポイントになると思いますが
昨年の阪神大賞典で、やはり転厩初戦のブレークアップを
好走させている厩舎。ノウハウも持っていそうですね。
 もう1つのポイントは初めてとなる『3000m』の距離。
平坦な札幌の2600mでは強い勝ち方をしているものの、
今回は2度の急坂をこなす必要がある阪神3000m
。条件が
全く異なりますので、そのあたりを克服できるかどうか。
さらに、長距離経験豊富な他の有力馬を相手に、1頭だけ
『58㌔』を背負わないといけない
のも不安要素。
例えばステイゴールド系の産駒なら馬格が小さくても
重い斤量を背負い込める傾向にあるんですけどねぇ。
色々気になる点が多いので、今回は相手候補の1頭まで。


気になる穴馬
 ⇒
人気ブログランキング[穴]へ

 約5ヶ月ぶりだった2走前は最初のコーナーに入る前に
凡走が確定したようなもので、全くこの馬の競馬にならず。
そうした背景もあった中で迎えた前走は是が非でも先手を
取ろうとしたのは分かりますが、同型馬がなかなか引いて
くれなかったぶん、明らかなオーバーペースに。
競りかけてきた相手が重賞経験が少ない若手だっただけに
どちらも引けない理由があったとはいえやりすぎ……。
テンの3F時点でだいぶ脚を使ってしまいましたから
当然ラストは余力なく、最後の直線は追わずに後退。
 今回に関しては『どうしてもハナを切りたい』タイプは
居ませんし、自分のリズムで競馬を出来る可能性が高い
『年齢』と『想定される人気』からすれば、傾向的には
買えない馬ですが
、屈腱炎による長期休養がありながら
復帰後もG2までなら通用することは証明していますし
再度、自分の競馬が出たときに活路を見出だせそう。
 直近1年以内にG2で好走した実績を持っているのは
上位人気馬を除けばこの馬しか居ません
。実力を踏まえて
穴としては唯一狙えるだけに、ここは一考の余地アリか。

ーーーーーーーーー[ P R ]ーーーーーーーーー
≪ 老舗競馬総合情報社
     シンクタンク ≫


目先の勝ち負けではなく、中長期のスパンで安定して
競馬を楽しみたいというあなたに。

今年も続々的中🎯

 『スプリングS』
とっておきの穴情報馬を入手済み!!
厳選穴馬】を無料公開

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ