先般、JRAから発表がありましたとおり、
先週6日の落馬事故で入院加療中だった藤岡康太騎手が
4月10日夜にお亡くなりになりました。
 私が持つ思いは、昨日 𝕏 で綴らせていただきましたが
何事も無かったかのようにブログを書き出すことは出来ず。
これは私の勝手な都合ですが、ここでも何か言葉にしないと
気持ち悪いというか整理がつかないので、
皐月賞の追い切り評価をする前に書かせていただきました。

 正直、未だ「ほんとうなのかよ?」という思いがあり
受け止められていません。とても悲しいです。

 ただ、辛いなか、兄・佑介騎手がコラムでこんな想いを
記されていました。伝えさせてください。

『明るくて、本当にいいヤツで、弟であると同時に
 大事な友達のような存在でした。
 もう笑って冗談を言い合えないこと、レースで競い合う
 ことができないこと、とても寂しいです。
  ですが、いつまでも悲しんでばかりはいられません。
 普段からよく話をしていたので、僕には康太の気持ちが
 よくわかります。
  (中略)
  競馬を応援してくださるファンの方々の記憶のなかに、
 悲しい出来事として残ってしまうことを
 康太は望んでいないと思います。
 難しいお願いになってしまうかもしれませんが、
 どうか騎手として輝いていた康太を忘れないで
 やってください。そして、輝いていたたくさんの瞬間を
 時々でも思い出していただけたら。そうやってみなさんの
 心のなかで生き続けてくれたら、兄としてこれ以上
 うれしいことはありません。』


出展:netkeiba コラム「with 佑」

 私たちファンも辛いですが、1番辛いのは佑介騎手はじめ
ご家族の方々です。
しかし、そんな状況下のなか、佑介騎手がこうして気丈に
振る舞ってコラムをしたためてくれています………。
私とて、悲しいですし、簡単には切り替えられませんが
佑介騎手の言うとおり「輝いていた康太」を忘れずに、
胸に記憶に刻んでいこうと。

 いろんな思い出をお持ちの方が多いと思います。
私でいえば、マカヒキの京都大賞典であったり、
マイルCSのナミュールだったり……。
たくさんの感動・感激を貰いました。
でも、レースに限らず、で良いと思うんですよね。
例えば競馬場に子供を連れて行ったときに笑顔でサインを
書いてくれて優しく接して貰ったとか……
何でもいいと思います。
「藤岡康太」というファンを愛し、ファンに愛された
ジョッキーが輝きを放っていたときのことを、
我々ファンが、彼の生き証人となって後世に伝わるよう
たくさん語り継いでいこうではありませんか。

 これからも競馬は続きます。
いや、続いていかないといけません。
今後も事故ゼロは正直無理だと思います。
それでも、どうか命に関わるような事故が起きないことを
切に願っています。
そして、今週も来週もずっと、競馬という素晴らしい競技と
向き合っていくのが、いちファンとしての使命かなと
考えているところです。

 個人的な試みとして何が出来るか考えたのですが
今後の本予想記事の文末に

今週の競馬も
『全馬無事にゴールWIN』を❗


と記していこうと思っています。

レースで勝つのは基本的に1頭だけ、というのが競馬ですが
まずは
【事故なくゴールまで走り切ることがWIN】
である、という願いを込めて。

 今まで、無事に競馬開催が行われるのを祈ることは
当たり前のことすぎて、敢えて発言する機会は滅多に
なかったのですが、競馬を観ることが出来る有り難みを
常に忘れないためにも、意識的に書いていきます。

これで事故が無くなるとはいいませんが、
発信者の端くれとして、出来ることをやろうと。

他の発信者およびファンの方、そしてこのブログを
お読み頂いている全ての方へ


もし、いいなと思ったり、賛同して頂けるようでしたら
合言葉的に使っていただいて構いません。
これに関しては、無断転載も歓迎します。
よろしくお願いいたします。

最後になりますが、あらためまして

藤岡康太騎手のご冥福を心よりお祈りいたします。


         ThoroughBlog管理人 Tomy
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今週の競馬も
『全人馬無事にゴールWIN』を❗



いつもお読み頂きありがとうございます(^^)
週始めの注目馬や本命馬、その他重要データなど
下記ブログランキングの紹介文に記載していますので
クリックしてご覧くださいませ☆

人気ブログランキングへ